活動報告

砺波土蔵の会(土蔵の会)概要説明

平成21年12月19日

 

会長 尾田武雄

1、           土蔵の会の沿革

    発会の趣旨

砺波郷土資料館の応援勝手連。資料館活動に協力し地域を知る勉強をする。生涯学習団体。しかし自治体からは助成は受けていない。

自ら目覚めた生涯楽(学でもいい)習団体を目指す

 

    発会の年

砺波郷土資料館が活動を開始したのが昭和58年である。館長と主任1名の2名で出発した。その後一名の嘱託1名が追加されたが、当時資料館は、砺波地域散村研究所が併設され所報や研究紀要の発刊、市史資料編やジュニア版編纂等々さまざまな仕事があった。61年には始めての企画展「庄川の恵み展」を開催され、職員は多忙を極めていた。これはチューリップフェアに間に合うようにとの展示で、職員は夜10時・11時と帰宅する日が多くなった。

 そんな時、砺波大好き人間、また歴史好き、地理好き、民俗好き、考古好きのメンバーが合い集まり協力し立派な展示をすることができた。

そしてこの反省会で、資料館の友会の結成が成った。正式には昭和61年10月の発会となる。次の年の企画展は「庄川左岸 中筋往来の石仏展」であった。これは非常にたくさんの市民が集まり多いに盛り上がり、熱気のある企画展となった。後に「散居村の石仏展」「般若野荘の石造物展」と繋がった。

 

    会員数と役員構成

会員数 約90名(砺波地方を中心に全県に広がる)

初代会長は元砺波市教育長藤井武雄さん

事務局は、志部谷さんがしているが、事業の実施時には、参加者がそれぞれの持ち場で自分ができることを自主的に行う。(その都度世話役を担当してもらう)

 

 

    会則

現在、特定非営利活動法人(NPO法人)として活動をしている。

会費は、年額1000円である。(通信連絡的な費用のみ)

平成3年に財団法人第百生命フレンドシップ財団から助成を受ける

平成12年に北日本新聞地域文化賞を受ける。

 

2、主な活動

これまでの活動場所は、カイニョ苑、砺波郷土資料館、寺院等などで月例勉強会を開催してきた。今後は、砺波散居村ミュージアムを拠点として活動していきたい。

 

3、会員のための研究会

・増山城調査協力隊(老松邦雄・白江秋広) 増山城の調査のきっかけをつくる

    赤米生産組合(高木美奈子・宮脇逸郎) 楽しみながら農業体験 野焼きで縄文土器の 製作をし、その器で赤米を食した。また赤米で酒を作る試み

    中世石造物研究会(尾田武雄・老松邦雄) 砺波市史編纂に協力

    寺院調査グループ(尾田武雄・原田典子) 砺波市内の寺院調査 若狭の秘仏めぐり 正倉院展の鑑賞

    千光寺総合調査(尾田武雄・金子宰大) 植生・考古学・石造物・古文書・古書籍

    近県の研修旅行(出村忍) 石川県鶴来町・石動山

    安城市交流(源田孝)

    グリーンツーリズムの試行(ときどき富山県民・出村忍)

 

4、連絡誌

  会誌『土蔵』の発刊。14号

 

5、交流団体

・福光町あけぼの会(会長川合声一)・福野時の会(会長往蔵久雄)・砺波民藝協会(会長太田浩史)・千保川を語る会(会長山本和代子)・二上山総合調査研究会(会長太田久夫)

安城市まちづくり企画人(代表草刈玲子)

 

5、今後の予定

    国指定史跡増山城の勉強会とガイド(継続中)

    散居村の保全と活用(継続中)

    石碑調査・民具の調査と勉強会(継続中)

    千光寺総合調査(継続中)

    庄川町雄神地区総合調査(古墳の発見)(継続中・一時中断)

    成熟した観光ボランティア。ボランティアというよりも地域文化の通訳者「インタープリター」を目指したい(新規)

    グリーンツーリズムの実現化(新規)

    散居村の空き家利用。生涯学習センターの実現(新規)

    総市民の散居村学芸員化。(新規)

    各地での「砺波ファン」の掘り起こし(新規)

    交流事業の実践(継続中)

  となみ散居村ミュージアムへの協力と協働(継続中)

  民具館の展示の助言とボランティアガイド(新規)

  チューリップフェア期間中、砺波郷土資料館展示の協力と展示説明(継続中)

  南砺市のまちづくりボランティア団体との交流(継続中)

  庄川町の古代・中世調査。古墳の発見と調査(継続中)

    庄川町のふれあいプラザでの展示(継続中)