砺波観光インタープリター(通訳)

 

砺波観光インタープリターとは

インタープリターとは、自然解説員といわれていますが、自然との通訳とも言われています。砺波観光インタープリターは砺波地方の自然・歴史・文化などの解説者イコール通訳者という意味合いが強い。観光ボランティアよりも若干踏み込んだスタンスの立場で、砺波地方来訪者に接し、それを目指したい。

砺波観光インタープリターはまず「砺波が好き」「人が好き」「愛があること」である。

 

 
行先
日本の古民家散居村に泊まる砺波野ツアー(案1)
期日
平成 22年 10月 30日~31
 
行      程
10/30
( 土 )
 
          
(出発地)                      (昼食)(対面式)     (見学) 
 名古屋駅 === 名古屋高速=== 砺波IC=== 散居村ミュージアム==散居村展望台=
  8:00                               11:50        12:50  13:20   13:50
 
 
 
 
 
 
                (見学)               
   ========太田住吉神社にて獅子舞見学====外湯(湯来楽)=====中村神明宮=
        14:10                 14:40     15:00        16:00     16:10   16:25        
     
==橋本家 獅子舞拝見-------お祭り料理======散居村にて宿泊 △ (夜、懇親会)
       16:30           17:00          18:30     18:45   
10/31
( 日 )
 
           
(出発地)       (見学)      (周遊船)   (見学)
 散居村 ===合口ダムと庄川散策===庄川峡周遊船==麦屋節公演(ポケットパーク)==
   8:00     8:30       9:40      10:00    10:30   11:30            12:00 
                   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                
== 昼食====五箇山 相の倉====== 五箇山IC===名古屋高速=====名古屋 12:10   13:00    13:10      13:50                                               18:00                 
  
宿泊
 日本の古民家 「散居村」にて宿泊
(芳里家、出村家、平木家、大谷家、川端家、川田家を予定)
 

<特色> 
 砺波平野に日本一の集積をみせる日本の古民家「散居村」を宿泊施設ととらえ、ここに宿泊していただくという今までにない画期的な旅行です。この企画は「建設業と地域の元気回復助成事業」という案件のモニターツアーに採択され、都市部に生活する方に砺波平野の生活とそこに伝わる風習を実感していただける内容になっています。砺波市での全行程に地域の「土蔵の会」というNPOの方々によるガイドがつきます。今回は砺波獅子舞の行われている時期を選び、古民家橋本家に獅子を招き、皆様の目の前で舞っていただく企画です。
 
 
     近畿日本ツーリスト株式会社 名古屋法人EC支店

 
                                                        〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-45-19             

                                     桑山ビル2F
                             TEL(052)583-8331