まちづくり市民交流協働事業

 

砺波市まちづくり協働事業計画書

団体名
NPO法人砺波土蔵の会

*記載が複数頁にまたがっても差し支えありませんので、できるだけわかりやすく具体的に記載してください。

事業の名称
まちづくり市民交流事業
事業の目的
(地域の課題や市民ニーズをどのように捉えたかを記載してください。)
 
   観光ボランティアの養成により、市外・県外からの観光客との交流を深めるとともに、地元住民も交流を楽しみ、お互いに理解しあえる取り組みを推進する。
 
   空き家の増加は、砺波の散居村景観の崩壊や安全・安心を脅かす状況に繋がりかねないため、先ず、空き家を調査し、現況の把握に努める。
 
   空き家を含めた既存の民家の中で、観光・訪問客が民泊できる家屋の意向調査し、市民と来訪者との交流の場の確保を目指す。
 
事業内容
(何を行うか具体的に記入してください。)
(対象:どこで、だれに等)
場所:となみ散居村ミュージアム
対象:砺波土蔵の会が、中心となって一般市民を対象に実施する。
 
(手法:いつ、どのように、何を等)
①観光ボランティアの養成(継続2年次)
砺波土蔵の会メンバーや一般市民を対象に、引き続き散居村ミュージアムでふるさと再発見講座の開設し、成熟した観光ボランティアの養成を図る。
 
②空き家調査の実施(継続2年次)
初年度に実施した空き家調査(1次調査)を更に進めて、所有者の確認、今後の利活用の意向、家屋の具体的な状況等を2次調査として実施する。
 
③民泊調査及び試行
民泊可能な民家の意向調査を進め、実施できる民家の把握に努めるともに、一部試行を実施する中から、市内外の訪問客との交流を図り、もって、砺波散居村の「ファン」づくりに資する。
市民協働における役割分担
(提案団体が果たそうとする役割、市に期待する役割を具体的に記載してください。)
(提案団体が担う役割)
   ボランティア講座の開設
   空き家調査の継続
   民泊可能民家への働きかけ
 
(市が担う役割)
①講座開設への協力
②空き家調査への調査協力
③民泊可能民家の調査協力
 

 
 
 

事業期間
(年度末まで)
 
22年
5月
 
 
 
4月~11月
 
 
 
 
22
4月~12月
 
①観光ボランティア講座の開設
 
 
 
②空き家調査
 
 
 
 
③民泊可能な家屋の調査
 
となみ散居村ミュージアムで開講
・ボランティアを必要とする対象に対応
・市民へのPR
・講座内容の検討
 
砺波市全21地区の空き家調査(2年次)
  ・所有者の意向調査
・家屋の状況についての具体的内容
・調査内容について随時打合せ
 
空き家を含む民家の意向調査、試行
・砺波散居村地域での具体的な民泊調査
・民泊希望の有無について意向取り纏め
  ・交流事業を実施する関係機関と協議し、具体的な民泊に繫げる

 
 
 

 
協働事業の効果
 
単独で行うことに比べ、市と協働することにより、どのような効果が期待できるのか、また、提案団体と市にとって、どのようなメリットがあるのかを記載してください。
・ボランティア講座を、行政とともに行うことで、行政と市民は相互に課題が把握できる。
・講座開設をするとなみ散居村ミュージアムは、機材も揃い、運営が容易である。また、知度が高く、市民が集まりやすい施設である。
・空き家調査は、民間団体との調査よりも、行政の協力を得ながら行った方が、信頼と情報収集が得られやすい。
・民泊可能な家の調査は、市の広報となみ、FMとなみ、HP等の広報媒体による協力などで周知するほうが、幅広く信頼を受けた活動をしやすい。
 
到達目標
 
(課題をどの程度解決できるのか、いつまでどれだけの成果をあげるのか等、事業終了時の目標を記載してください。)
・試行を積み重ねながら、3年後には、観光ボランティア活動を本格的に開始できる。
・また、具体的に空き家を利活用して、社会教育活動等の実体験施設として活用を目指したい。
・民泊事業についても、関係機関・団体と協議し、より現実的事業となるよう繋ぎ役を果たしたい。
 
今後の展開
 
(当該年度の終了以降に、提案事業をどのように展開していくか、また、提案した事業を含めて、団体等の活動をどのように展開していくのか、具体的に記載してください。)
砺波市民一人ひとりが、自分たちの住む散居村を愛し、誇りを持って訪問客と交流し、「砺波ファン」を増やしていくことを目指すため、当会の活動は観光ボランティアや民泊の世話方等のソフト事業の一翼を担って、共に進めていくものである。