ネットで地域の本屋さんを守る

 e-hon.jpg通販業界はアマゾンの一人勝ちが続いている。新刊本、古本、パソコン用品から電気製品まで、ワンクリックで翌日配達される。人によっては量販店でカタログをもらい実物を見て店員の説明を聞いてからアマゾンや価格コムで注文する人もいるとか。地域のお店が衰退するわけだ。特に出版に関しては他のサイトが次々と撤退する中で、圧勝状態だ。

 かくいう自分も便利さにかまけ、ついついアマゾンで本を買っていたが、先日、こんなサイトを見つけた。e-hon(http://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top)。

 大手取次ぎのトーハンが運営するサイトで、従来、顧客が書店に注文を出し、これを受け付けた書店がトーハンに注文を出していたものを、顧客がネットを通じ直接トーハンに注文を出すようにしたものだ。注文された本はあらかじめ登録されたMY書店に配本される。

 これなら、書店のマージンが従来どおり確保されるうえ、顧客にとっても配達はなじみの書店がやってくれるので、アマゾンに注文するのとほとんど変わりない。もちろん配達料は無料で、代金は書店に払うことになる。

 「地域のお店で買い物を-」と言うは簡単だが、忙しさもあってついついネット通販に頼りきりになっていた。本屋さんは地域の文化を守る大切なインフラだ。本の到着は少し遅くなるようだが、同じ儲けてもらうなら、地域の本屋さんのほうがいいに決まっている。こんなことも地域を守る小さな一歩になるのではないか。(Pancho)

 

古書に想うご縁のこと

1402275707135 (2).jpg  以前、中越鉄道(現・城端線)の初代社長、大矢四郎兵衛のことを調べていて、富山大学経済学部教授の淡路憲治先生の論文「富山県庄川流域における地主層と他産業との関連」(昭和40年)の抜き刷りを、ネット古書店で購入したことがあった。淡路先生は、富山大学に寄贈された鷹栖村関係の文書、鷹栖文庫に関わる研究を続けられた方だ。もちろん、お会いしたことはない。

 抜き刷りは、買うには買ったものの“本棚の肥やし”状態が長く続いていたが、最近になって、城端線利用促進の冊子編集のため、引っ張り出して、ちょっとびっくりした。

140ページほどの論文のあちこちに万年筆で書き込みがある。それも、論文の論旨に直接関わるような部分の手直しや事実関係の追加・訂正など、たまたま抜き刷りを手に取った人が書き加えたものとはとても思えない内容。

1402275667405 (2).jpg

淡路先生は定年退官後、出身の岡山県に帰られたと聞いたような記憶がある。
。購入したネット古書店は全国古書籍商組合連合会が運営する「日本の古本屋」で、岡山県の南天荘書店という古書店から送ってきた。
もしかしたら…。何かにつけ、見えないご縁に背中を押されていることあらためて想った。(Pancho

 

となみチューリップフェア2014

 

  DSC00428 (800x497).jpgのサムネール画像600品種250万本のチューリップ 

となみ散居の里 七福神めぐり霊場開き

      ssssssimg023.jpgとなみ散居の里七福神霊場開きが、千光寺観音堂前で行われました。

第2回散村地域見学会にて

 9月29日(日)、砺波散村地域研究所の企画で散村地域見学会を行いました。2~3日前から秋晴れで空気も非常に澄み切っていたので山の上から散村の景観を見下ろすには絶好の日和と思われました。この日も、最高とはいかなかったもののそこそこの状態でした。

 今回の見学会のテーマは、「集落と水」。集落の立地している歴史的な背景と、古来、人々が生きるため生活を豊かにするために水を得る工夫を重ねてきたことを中心にコースの設定をしました。鉢伏山散居村展望広場、隠尾集落、小牧ダムの南砺用水取水口、南砺の山麓扇状地や谷口集落、赤祖父のため池、円筒分水槽、古上野のどんどなどを見学する道すがら、「いやあ~、砺波におりながら砺波のことで知らんことがでかいことあるということ分かったちゃ」という声。「また、こんな機会があったら教えてくださいね」と言って帰られた様子を見ると、皆さんに満足していただけたようで、こちらもうれしくなりました。

 次の予定は来年になってからですが、砺波にお住いの方々にご自分の郷土に対する理解を深めていただくために腕によりをかけて企画したいと思っています。(砺波散村地域研究所 杉森)

≪前の5件を見る

砺波野イベントカレンダー
散居村に暮らしませんか 散居村空き家バンク

ENTRIES

COMMENT

ARCHIVE

LINK

2016.08

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31